首イボの正体

首元のイボ、顔のポツポツ、デコルテぶつぶつ、腕のポツポツ
などのイボ(角質粒)ぽろり化粧品を徹底比較!コスメ選びにご利用下さい

首イボの正体

首イボの正体

年齢を重ねていくと、美容についての悩みも変わっていくものです。40代に入ると、ホルモンの減少や免疫力の低下などにより徐々に体のあちらこちらに変化が起きることもあります

困る悩みのその一つに、首イボがあります。首イボとは、首の周辺に小さいイボのようなものが沢山できることです。

若い時にはなくても、40代に入ってから急に首イボが出来始めてびっくりするという人や洋服がこすれる度に痛いと苦痛を感じる人も出てきます。

アクロコルドンとスキンタッグ 実は、首イボと一口に言っても、形によって呼び名が違ってきます。小さいイボは、アクロコルドンやスキンタッグと呼ばれています。

大きい物は、軟性線維腫と言います。気になる首いぼの正体は、皮膚の線維や脂肪などから出来ています。しかし、首イボは良性の腫瘍がほとんどなのでそれほど心配する必要はないものの、見た目で悩む人は沢山います

首イボを老人性イボと呼ぶこともあり、首にイボがあるせいで実年齢よりも老けた印象を持たれる場合が多いからです。

首いぼの原因は肌の老化?

首いぼの原因は、肌の老化だと考えることが出来ます老化の原因やそれを加速させることとして、紫外線の影響は大きいと言えます

また、首という場所から、洋服の襟が当たったり、ストールなどの摩擦などが、皮膚に負担をかけることになり、それにより肌の老化を進めているケースもあります

しかし、若いからといっても、中には首イボができやすい体質の人もいるので、注意が必要です。首イボは放っておいても特に害はありませんが、見た目が気になる場合は、皮膚科などの医療機関へ行けば取り除いてくれます。

首いぼの原因は肌の老化?! 取り除く方法は色々ありますが、切る、液体窒素で焼くという方法が主流で、レーザーを使うケースもあります。首イボは、自分で切るとばい菌が入る可能性が考えられるので、必ず医療機関で処置してもらうことが大切です。

また、イボが大きい場合は、手術が必要なケースもあるので、医師と相談することが大切です。出来るだけ首イボを増やさないケアとしては、首の周りの摩擦をなくすことと、紫外線を浴びないように日焼け止めや紫外線防止加工が施された帽子や日傘を使うことなどがあります。

首は年齢が出やすい部分なので、普段からケアをすることが大切です。もし、首イボが出血したり、大きくなってきたり、黒や茶色など色の変化を感じた時には、注意が必要です。

こういったケースでは早めに医療機関で診察を受けることが大切です。

人気の首イボ対策コスメ 比較表

 第1位第2位第3位第4位第5位
商品名艶つや習慣+
艶つや習慣+
アプリアージュオイルS
アプリアージュオイルS
ぽろぽろとれる杏ジェル
ぽろぽろとれる杏ジェル
アンミオイル
アンミオイル
シルキースワン
シルキースワン
通常価格
4,104円
(税込・送料別)

8,424円
(税込・送料込)

3,740円
(税込・送料込)

7,180円
(税込・送料込)

10,584円
(税込・送料込)
送料
無料

無料

500円(税込)

無料

無料
初回お試し
2,052円
(税込・送料込)

7,582円
(税込・送料込)

3,200円
(税込・送料込)

980円
(7日お試し4袋)

3,218円
(税込・送料込)
1日当り価格
68.4円

168.4円

106.7円

239.3円

107.3円

▲ ページトップ